ワキのニオイ&汗ジミ対策【完全版】

ワキのニオイも汗ジミも汗対策が最重要!

スキンケアやメイクを頑張ってもニオイや汗ジミがあるとそれだけで魅力は半減。汗をよくかく夏場はワキのニオイや汗ジミに悩まされるという人も多いはず。

まず、知っておきたいのは汗自体にはニオイはないということ。※汗が放置されることで皮膚の常在菌や垢と混じりあったり、分解されるすることでニオイが発生します。

※参考サイト:体臭の原因とその改善方法〜対症療法と原因療法

それから汗を分泌する汗腺にはエクリル汗腺とアポクリン汗腺の2つがあることも知っておきたいニオイ対策をする上での基本知識。俗にいう腋臭(ワキガ)というのは、 アポクリン汗腺の数が多く、活性化している人特有のニオイです。エクリル汗腺から分泌される汗に比べてアポクリン汗腺から分泌される汗はタンパク質や脂質などを多く含んでいるため 皮膚の常在菌に分解されると強烈な臭いを発生させてしまうんです。

いずれの汗腺から分泌された汗にせよ、汗を放置してそれが皮膚の常在菌や垢と混じりあったり、分解されるとニオイが発生することは変わりないので、ワキのニオイケアというのは とにかく汗対策が最重要になるというわけです。汗対策さえしっかりすればニオイはもちろん、汗ジミも防げます。

ワキ汗は出る前に止めてしまうプレケアが大事!

ニオイケアには発生したニオイを消臭するものや汗を拭き取るものなどいろいろありますが、これらはすべて事後ケア。これに対して汗をかく前に抑えるのがプレケアです。

ニオイケアも汗ジミケアも、プレケアを重視するのがいまのニオイケアの主流。汗を抑えることで常在菌の増殖を防げるのでニオイを根本からシャットアウトできますし、 汗の量もコントロールできるので汗ジミや洋服の黄ばみに怯えることもないんです。

汗ジミについて、解説しておくと、水色やグレーなど淡い色の服を着ていると目立つというのはご存じのとおり。いつのまにか楕円形の汗ジミができていて焦ったことがある人も多いはずです。

この汗ジミですが、ただ汗で濡れてしまったのとは違って黄ばみとして洋服に残ってしまうことがあります。その要因はアポクリン腺に含まれている色素成分や鉄分。強烈なニオイの原因になる タンパク質や脂質だけでなく、こうした色素成分や鉄分が配合されているため、一度汗ジミの黄ばみがつくと洗濯しても落ちなくなります。ワキガの人は特にこの傾向があるので注意してください。

ワキ汗は止めてしまっても大丈夫?

全身でかく汗の1日の量は700〜900mlといわれています。ワキから出る汗は多いように思えて実はスプーン1杯程度。足の裏がコップ1杯分ですから、ワキ汗はたくさんかいているように 思えて実はそれほどでもないんです。(もちろん個人差はあります。)

詳しいワキ汗の止め方は別ページで紹介しますが、その前に「ワキ汗を止めても大丈夫?」という疑問もいるかもしれません。これに対してはワキ汗として出てくる分をほかの部位からの 汗として出すので体温調整機能には問題ありません。

ただ、ワキ汗を止めた分の汗が手のひらの汗として出てくるなどの影響は多少はあると思います。ワキガ手術などでワキのアポクリン汗腺を除去するなどするとこうしたワキ汗分が他の部位 から発汗されるということはよくあるケースのようです。

もうひとつ、ワキ汗についてですが、光脱毛やレーザー脱毛など本格的なワキ脱毛をすると増えるということがあります。理由ははっきりわかっていないのですが、脱毛することで汗腺を刺激してしまうことや 脱毛後のワキに意識が向いてしまうことによる精神性発汗があるためではないかといわれています。

サイトMENU

サイトMENU

Copyright (C) 2013 ワキのニオイ&汗ジミ対策【完全版】. All Rights Reserved.